ご挨拶

            医師 三谷和弘

 

大学卒業後約10年間は主に救急部に所属し、集中治療を要する超重症の患者様を診療していました。殆どの患者様は話すことができず、命が助かっても、元の生活に社会復帰できる方はごく少数でした。

 もっと患者様の身近に居て、患者様とコミュニケーションを図りながら、日常生活の上での体の不調・悩みに寄り添い、病気に対処する手助けができればと考え、家庭医・ホームドクターの道へ移り、当院で一般外来を担当しています。

 澤田病院で、すべての治療が完結することはなくても、適切な時期に適切な施設を紹介し、アフターケアも行う、診療所と大病院の間をつなぐような役割を目標に、これからも診療を続けたいと考えています。