ご挨拶

          副院長 医師 濱田宏

 昭和26年、当時河内長野の国立病院(現大阪南医療センター)で産声を上げ、地元で育ち、高校生の頃に尊敬する祖父と同じ医学の道を志し、大学卒業後は実家に近い近大病院での外科医としての修業を積みました。澤田病院には、移転前の駅前病院時代から、先代故澤田理事長先生、現寒川院長先生にご指導いただき総合医療医としての基礎勉強をさせていただきました。

 平成元年より澤田病院常勤医として勤務しておりますが、故郷の地で地域医療に貢献出来ることはありがたいことで、今後も患者さんに満足していただけるよう医療の提供を心掛けていくつもりです。

休日は市内をうろついていますので、病院外で見かけたら気軽に声を掛けて下さい。よろしく!